製品情報

ゲルハルトジャパンでは現在以下の商品ラインナップをご用意しております。

燃焼式窒素・タンパク質測定装置
デュマサーム

ケルダール法とは異なり、サンプルを燃焼させ窒素をガス化させ、ガスクロマトグラフィーによく使用される熱伝導度検出器(TCD)にて測定することにより、試薬や設備を必要とせず安全に窒素量を測定できる装置です。前処理は必要なく、天秤で秤量したサンプルを数分で測定することができます。

標準装備のオートサンプラーにより測定はすべて自動です。ソロはサンプル投入が手動操作になり1検体ずつの設定変更が容易なため、オートよりも研究開発向きの装置でもあります。

CNはデュマサームの特徴をそのままに窒素と炭素の2項目を測る新商品です。

ケルダール蒸留装置
ベーパデス

ドイツ・ゲルハルト社にて開発された食品、飼料等のケルダール窒素を測定するための蒸留装置です。

筐体は成型プラスチック製なので酸、アルカリで腐食しません。アルカリ注入ラインはテフロンホースで安全を確保。

独特の形状の蒸留ヘッドはアルカリの回り込みを完全になくし、高い分析精度を確保しました。

シンプルな蒸留装置から滴定装置内蔵の自動分析装置まで幅広いラインナップをご用意しております。

ケルダール分解装置
ケルダーム、ターボサーム、ターボソグ

ゲルハルト社蒸留装置とともにお使いいただけるケルダール分解装置です。

抜群の温度コントロールと安全装置が何重にも組み込まれた堅牢な熱分解装置です。

100、300、400、800mlの分解チューブに合わせて装置も各種取り揃えられています。

また、リフトシステムを使用すれば自動運転が行えます。

ケルダール分解以外にも排水分析の前処理に使用できるオプションが用意されています。

全自動ソックスレー装置
ソクスサーム

ソックスレー法を改良、自動化した迅速溶媒抽出装置です。

食品、飼料等の油分、脂肪の抽出の他、ダイオキシン類、農薬、ポリマーや岩石等からの抽出にも使用可能です。

スタートから抽出終了まで完全自動運転なのでオペレーターの安全を保障します。

全自動酸分解装置
ハイドロサーム

ハイドロサームはゲルハルトが開発した世界で唯一の全自動酸分解装置です。全自動でありながら、従来の分析工程に忠実に基づいて酸分解を行う装置です。 手間と時間がかかり、大変危険な脂肪分析の酸分解工程を全て自動で行います。ハイドロサームは酸分解処理に対するゲルハルトからの新たな提案です。

繊維抽出装置
ファイバーサーム

粗繊維・ADF・NDFなどの繊維測定を簡便化、自動化するために開発された装置です。

フィルターバッグ方式による完全自動運転が可能になりました。

手間のかかる繊維測定を迅速かつ安全に行うことができます。

クラシック型基本装置

公定法に最も準じた分析が行える、ベーシックな分析装置です。ケルダール、ソックスレー、粗繊維とラインナップされています。

微量金属分解装置

汚泥や沈澱物および土壌中の酸溶解性金属の定量するために、高沸点の酸を使って分解が行えます。

ラボ用攪拌装置

2Lの容器を1つからでも回せるシェーカー、ホットプレート、スターラーなどのラボ用機器をご用意しております。

ファイバーザイムSシステムによる食品中の食物繊維測定

全体がフィルター構造になっているファイバーバッグSによる目詰まりの無い迅速濾過、セライト不要。

フリッチュ社製品

マイクロマイスター社製品

このページの先頭へ