製品情報

ケルダール蒸留装置 ベーパデス

ベーパデス ケルダール自動蒸留装置は、食品、飼料、肥料、土壌、農産物、医薬品、化成品、廃水などのあらゆるケルダール分析や、アルコール蒸留、アンモニア態窒素、硝酸態窒素など幅広い分析に使用できる水蒸気蒸留装置です。その中でも50シリーズは自動滴定機能を内蔵、オートサンプラーもラインナップに持つ最上位機種です。

ベーパデス50s

50sはゲルハルト社の代表機種ともいえるpH滴定装置内蔵全自動タイプのケルダール蒸留装置です。装置の操作、アプリケーション、データ管理などはパソコンにインストールされた専用ソフト「ベーパデスマネージャー」(日本語対応)より行われます。

特徴
  • PCによるシステムの設定、監視
  • 日本語対応ソフト「ベーパデスマネージャー」
  • 基本機能: 各ポンプのキャリブレーション、pHのキャリブレーション、自動滴定選択
  • プログラム機能
  • サンプル入力: 名前、重量、ブランク、標準試薬、測定単位等
  • 監視:分析の開始、分析の全ての状態をモニターリング
  • 結果:結果の表示、結果の管理、結果の編集
  • 軽量、堅固なプラスチック成型ボディー
  • アルカリ廃液の自動排出
  • 高輝度液晶ディスプレー
  • 高耐久樹脂製蒸留ヘッド(画像はガラス製)
  • 冷却水出し忘れ防止のセンサー機能

プラスチック成型ボディーの採用による、高い耐腐食性を実現しました。全てのプログラム工程はディスプレーに表示されモニターリング可能です。コントロール、データ、アプリケーションの決定などは、PCにインストールしたソフトウエア「ベーパデスマネージャー」でも管理することができます。

装置にあるオペレーションボタンで、操作はとても迅速で簡単になりました。分析データから選択し、プリントアウトなどの文書作成も簡単に行えます。又エクセルへのインポート、エクスポートも可能です。

ベーパデス50sは、あなたの毎日のルーチン分析をサポートします。

ベーパデス50s オートサンプラー

本機は完全自動/無人運転タイプのケルダールオートサンプラー・システムで、大量のサンプルを連続的に処理するために開発されました。専用のケルダールチューブはオートサンプラー内部に装備されたターンテーブルから蒸留部に自動的に装着され、連続的に蒸留滴定を繰り返します。また、ターンテーブルを交換することで容量の大きなケルダールチューブ(400ml、800ml)にも対応します。

特徴
  • 蒸留装置は50sと同じ
  • ケルダールチューブは20本連続自動着脱
  • 特殊構造でケルダールチューブの長さのばらつきに対応
  • 試薬タンクはすべて装置内に収納
  • 試薬タンクはすべて液量センサー付き
  • ターンテーブルは簡単に着脱

このページの先頭へ