製品情報

ファイバーザイムSシステムによる食品中の食物繊維測定

特徴

  • 全体がフィルター構造になっているファイバーバッグSによる目詰まりの無い迅速濾過セライト不要
  • タンパク質の分析の際、ガラスろ過器の様にセライト層ごとサンプルをケルダールフラスコに掻き出す必要がなく、ファイバーバッグSごとサンプルをケルダールフラスコに移し替えられるため、サンプルのロスが無い。もちろんファイバーバッグSは窒素フリー灰分フリー
  • 省スペースで、多検体同時処理可能低イニシャルコスト
1.原理

サンプルは、3種類の酵素で分解され不溶性食物繊維の部分と、可溶性の部分の2つに分けられる。可溶性の食物繊維は、エタノールにより沈殿する。沈殿物をファイバーバッグシステムにより分離する。沈殿物の1つは残ったタンパク質を測定するために窒素を測定する。もう一つのサンプルは乾物重量と灰分を測定する。重量差を測定し、食物繊維を求める。

2. 情報
  • 食品衛生検査指針(プロスキー法)
  • AOAC991.43食品中の全可溶性、不溶性食物繊維の食物繊維の測定(プロスキー法)
  • ドイツ食品法 LFGB64L00.00-18 食品中の食物繊維の測定
3. ファイバーザイムS


ろ過モジュール


灰化モジュール

器具 パーツ 数量
ろ過用スタンド 1004781 1個
ロート 1001526 6個
スペーサー 10-0124 1箱(6個入り)
ガラスビーカー 10-0121 6個
ファイバーバッグS(100枚入り) 10-0142 1
灰化モジュール、12検体用(るつぼx12個含む) 13-0092 1

*食物繊維の測定には、沸騰浴、60℃設定のウォーターバス、乾燥機、マッフル炉、デシケーター、電子天秤、ケルダール分析装置等が別途必要です。

このページの先頭へ